アクセルジャンプ

アクセルジャンプとは、フィギュアスケートにおけるジャンプ演技の1つ。他のジャンプ技とは違い、アクセルはジャンプの踏み切り時に身体が進行方向を向いた状態で行い、着氷時は後ろを向いた状態にしなければならない。他のジャンプより0.5回転多くなるため、シングルのアクセルだと1.5回転、ダブルアクセルは2.5回転、トリプルアクセルは3.5回転を求められる。また、着氷時の足は、踏み切り時の足と反対の足でないといけない。

大技であり、演技をするときの体力の消耗も他の演技に比べると大きいため、プログラムの最初にアクセルをする選手が多くなる傾向にある。アクセルという名前は、初めてこのジャンプを跳んだとされている、アクセルパウルゼンという選手の名前をとって名付けられた。

/
/
<690>  2009.11.21更新