アジアごかこくたいこう

アジア5カ国対抗

アジア5カ国対抗とは、アジアで行われるラグビーの国際大会のひとつ。毎年4月から5月にかけて行われる。日本、中国、韓国をはじめとする26の国と地域が加盟するアジアラグビーフットボール協会が主催している。

大会はいくつかのカテゴリに分かれて行われる。最上位のカテゴリが「トップ5」であり、その下が「ディビジョン1」、「ディビジョン2」、「ディビジョン3」と続く。トップ5は5チームによる総当たり戦が行われ、勝ちの場合は5、引き分けは3、負けは0といった勝ち点で順位を決める。前年の成績に応じて、カテゴリ間には入れ替えが行われる。

2年に一度行われていた「アジアラグビーフットボール大会」が、「アジア対抗戦」と統合されて2008年に開始した。HSBCホールディングスが協賛していることから「HSBCアジア5カ国対抗戦」ともいわれる。3回目となる2010年大会では、日本が3連覇を達成した。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1252>  2011.5.19更新