アルビレックスにいがた

アルビレックス新潟

アルビレックス新潟とは、 Jリーグに加盟するクラブのひとつであり、新潟県の新潟市と北蒲原郡聖籠町(せいろうまち)に本拠地を置いている。ホームスタジアムは東北電力ビッグスワンスタジアムと新潟市陸上競技場。運営会社は株式会社アルビレックス新潟となっている。クラブ名の「アルビレックス」は白鳥座を構成する二重星の「アルビレオ(Albireo)」に由来し、新潟県に白鳥が多く飛来することにちなんでいる。前クラブ名は「アルビレオ新潟」だったが、商標登録の事情によりJリーグに参加する際に、ラテン語の「レックス(王)」を加えて「アルビレックス」となった。

クラブの前身となったのは、1955年に創部された「新潟イレブンサッカークラブ」。1986年に地域リーグのひとつである北信越リーグに昇格した。1991年、JFAが招致活動をしていたワールドカップの開催地として、新潟県が立候補した。その際、地元のJリーグクラブの必要性を唱える声が上がり、県のトップクラスのアマチュアクラブであった新潟イレブンが候補となった。1994年、新潟県サッカー協会の強化指定を受け、クラブ名を「アルビレオ新潟FC」と改称。1996年には運営会社が設立され、プロサッカークラブとして活動を始めた。

1996年に北信越リーグで優勝したものの、地域リーグ決勝大会で敗れ、JFLへの昇格は逃した。1997年にクラブ名を「アルビレックス新潟」に変更し、北信越リーグで再度優勝を飾ると、12月には1999年からのJ2参加が承認された。1998年はJFLに昇格し、1999年からはJ2に参加。J2では上位に位置しながらも、数年間昇格枠に入り込むことができずにいた。しかし、2003年にJ2で優勝を飾り、J1昇格を決めた。2004年よりJ1に参加していて、中位以下に位置することが多いものの、降格することなく健闘している。J2時代より観客動員数が多いクラブのひとつとして知られている。チームカラーはオレンジ、ブルー。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<452>  2009.2.13更新