インターバルトレーニング

インターバルトレーニングとは、インターバルトレーニングとは、呼吸循環系能力の向上を目的としたトレーニング方法のこと。特にランニングトレーニングにおいて使われる。全力で一定の期間を走った後、完全には休まずに緩いペースでのジョギングを行いながらそれを休息とし、また再度全力で走る、と繰り返していくトレーニングである。理想的とされている休息時間は、全力で走った時間の50%〜90%といわれている。例えば、3分間全力で走った後は、1分30秒〜2分40秒ジョギングをし、再度3分間全力で走って、その後先ほどと同じ時間分の休息をする、というもの。

最大酸素摂取量の改善と維持能力の向上につながり、心肺機能を高めることができるため、運動力の向上に直結するトレーニング方法である。ただし、トレーニングの性質上、過度の実施はオーバーワークとなりやすいため、週に1〜3回ほどに控えておくことが望ましいとされている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1146>  2011.2.4更新