ウェンブリースタジアム

ウェンブリースタジアムとは、イギリスのロンドン市北西部のウェンブリーにあるスタジアムのこと。サッカー発祥の地であるイングランドの代表チームが使用するホームスタジアムであり、サッカーの聖地と呼ばれている。

1923年にオープンし、2000年に一旦解体された。2007年に新スタジアムが完成し、5月19日のFAカップ決勝戦をもって再オープンとなった。屋根があるサッカー場としては世界最大のスタジアムであり、90,000人を収容できる。FAカップの決勝戦を含むサッカーの試合やラグビー、アメリカンフットボールの試合などが開催される。また、コンサート会場として、ビッグアーティストが公演を行うこともある。

/
/
<1427>  2012.4.19更新