オウンゴール

オウンゴールとは、サッカーなどの球技で、自陣のゴールに点を入れてしまうこと。敵の選手がシュートやパスをした球が、味方の選手にあたり弾道が変化して、誤って自陣のゴールに入ってしまうというケースのオウンゴールが多くみられる。もともとゴールを狙ったシュートで、防御者にあたってもそのまま入った場合は、記録上オウンゴールにならない場合もある。

オウンゴールが記録として残るのはサッカーやバスケットボールで、例えばアイスホッケーなどは、オウンゴールでもシュートした人の得点として記録される。

日本ではかつて自殺点と呼ばれていたが、表現方法のイメージが悪いことからオウンゴールに改称された。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<872>  2010.6.1更新