オーバーステア

オーバーステアとは、コーナーを旋回時に、ハンドルを切ってクルマが想像以上に内側に切れ込んでしまう現象。リアタイヤのグリップがフロントタイヤのグリップよりも弱い時に発生する。

オーバーステアを抑えるためには、アクセルを緩めて減速させることが必要だが、急激な減速は車体前部へ荷重がかかり、オーバーステア傾向を強くしてしまう。

オーバーステアのクルマはコーナーを比較的素早く走ることができる半面、スピンしやすい危険性を孕んでいる。

なお、オーバーステアとは逆に外側に膨らんでいってしまうことをアンダーステアといい、バランスがとれて思い通りに曲がれている状態をニュートラルステアと呼ぶ。一般の市販社は弱めのアンダーステアに設定されている。

/
/
<540>  2009.8.14更新