カチャカチャけい

カチャカチャ系

カチャカチャ系とは、ロフト角やフェースの向きなどを自分で調整できるドライバーのこと。トルクレンチでネジを外して調整するタイプのものが多く、ネジを外す際の音がカチャカチャと鳴ることが名前の由来と考えられる。一般には可変式ドライバーと言われることが多い。2008年のゴルフ規則改正で認められるようになった比較的新しいタイプのクラブではあるが、現在では多くのメーカーがカチャカチャ系の製品を販売している。

2008年までのゴルフ規則では、重量調整のみが認められていた。しかし、同年の規則改正により重量以外の調整機能が認められることになったため、カチャカチャ系のように、ロフト角やフェースの向きも調整できる製品が登場することになった。

なお、規則上、クラブの調整はプレーを開始する前に行なっておかなければならず、プレー中に調整を行なうことはクラブの性能の変更にあたるため、規則で禁止されている。ただし、ネジが緩んでしまった場合など、損傷とみなされる場合にはその場で直すことが出来る。

  • CD  【コンパルソリーダンス】
  • スピン
  • HP  【ハーフパイプ】
    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1565>  2013.4.10更新