カテナチオ

カテナチオとは、1950年〜60年代に黄金時代を築いたイタリアのサッカー戦術のこと。超守備的な陣形をしており、フィールドプレーヤーの大半が守備的な動きをしながら、カウンターを仕掛けてゴールを狙う、というオフェンスに消極的な戦術。失点をできる限り避け、大勢のディフェンダーで自ゴールを守ることから、イタリア語の「鍵をかける」を意味する「Catenaccio」と呼ばれるようになった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<849>  2010.5.18更新