カンファレンス

カンファレンスとは、カンファレンスとは、ある競技団体のリーグにおいて、リーグのひとつ下の区分のこと。アメリカの4大スポーツのうち、MLBではリーグの下の区分は「アメリカンリーグ」、「ナショナルリーグ」という「リーグ」だが、NBA、NFLNHLでは「カンファレンス」という概念を用いている。英語の「カンファレンス(conference)」には、「会議、協議会」のほかに「競技連盟」という意味がある。

カンファレンスの下には、さらに「地区(ディビジョン)」という区分があり、数チームごとに分かれている。レギュラーシーズンでは、同カンファレンス同地区のチームを中心に対戦が組まれ、同カンファレンス他地区のチームや他カンファレンスのチームとも対戦する。レギュラーシーズンの上位チームがプレーオフに進出してカンファレンス内の優勝を争い、カンファレンスの優勝チーム同士が決勝を戦う。

MLBのアメリカンリーグとナショナルリーグでは、指名打者制の採用、不採用というルールの違いがあるが、NBA、NFL、NHLでは各カンファレンスでのルールの違いはない。日本のプロバスケットボールリーグのbjリーグでも、「イースタンカンファレンス」と「ウエスタンカンファレンス」という2つのカンファレンスにチームを分けており、プレーオフの決勝でカンファレンスの優勝チーム同士が対戦する。

/
/
<1271>  2011.5.31更新