キックイン

キックインとは、フットサルの試合において、プレーを再開する方法のひとつ。ボールがタッチラインを完全に越えた時、またはボールが天井に当たった時に、最後にボールに触れた選手の相手チームのキックインとなる。サッカーにおけるスローインに値するものであるが、キックインはボールを蹴り入れるものである。ボールがタッチラインを越えた際には、その地点からキックインが行われ、天井に当たった際には、最も近いタッチライン上の地点からキックインが行われる。なお、キックインから直接得点することはできない。

キックインを行う際には、ボールをタッチライン上に静止させ、キックを行う選手はどちらかの足の一部をタッチライン上かタッチラインの外のピッチ面につけていなければならない。また、キックインはボールを受け取ってから4秒以内に行わなくてはいけない。これらに反した場合には相手チームのキックインに変更される。

キックインの際には、相手チームの選手はボールから5m以上離れていなければならない。キックインの妨害は警告の対象となる。キックインを行う選手は、他の選手がボールに触れるまで再びボールに触れてはいけない。また、味方の選手がキックインしたボールをゴールキーパーが手で触れてはならない。これらに反した場合は相手チームに間接フリーキックが与えられる。

/
/
<401>  2008.12.11更新