クイックリリース 【 クイックレリース 】

クイックリリースとは、 工具を使わずにレバーの開閉だけで、素早く簡単に部品の着脱が可能な固定システムのこと。クイックリリースとは、英語で「すばやく(quick)開放する(release)」という意味である。主にホイールのハブ部分の固定に用いられるほか、サドルのシートポスト部分の固定、ブレーキロープのキャリパー部分の固定、ペダルの固定などに多く用いられている。

クイックリリースは、まだ変速機がなく変速のためには車輪を交換しなければならなかった時代に、レース中に車輪をより素早く交換するためのシステムとして、1930年にイタリアの自転車部品メーカーであるカンパニョーロによって開発された。クイックリリースの誕生により、レース中だけでなく、輪行時やパンク修理時の車輪の着脱やサドル調節時のシートポストの着脱が極めて楽になった。現在では、スポーツ自転車のほとんどがこのシステムを採用している。

クイックリリースは、1本の軸の片方にレバーが、もう片方にネジが付いた構造をしている。ネジを回すことで締め付けなどの微調整を行い、レバーで開閉を行う。レバーの根元はカム機構になっているため、レバーを内側に倒すだけで軸方向に圧力が生まれ全体を固定することができる。

日本では、クイックリリースと呼ばれたりクイックレリーズと呼ばれたりと呼称が統一されていないが、両者とも同じものを指している。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<478>  2009.4.6更新