クライマックスシリーズ

クライマックスシリーズとは、プロ野球プレーオフ制度の一つ。セントラル、パシフィック両リーグのレギュラーシーズンで上位3位までに入った球団が参戦権を得ることができる。各リーグのクライマックスシリーズを勝ち抜いた球団が日本シリーズに進み、日本一を決定する。

レギュラーシーズン1位、2位、3位球団が出場し、第1ステージと第2ステージに分けて行われる。第1ステージでは、2位球団と3位球団が3試合制で戦う。2戦先取した球団が第2ステージへ進出する。もし1勝1敗1分のように、引き分けた場合は2位球団が進出する。

第2ステージでは1位球団と第1ステージを勝ち抜いた球団が6試合制で戦う。4戦先取した球団が日本シリーズへ進出する。ただし1位球団にはアドバンテージとして予め1勝が与えられている。もし勝ち星が引き分けになった場合は、1位球団が進出する。

クライマックスシリーズは2007年から始まったが、パシフィックリーグでは2004年からレギュラーシーズン上位3球団による日本シリーズをかけたプレーオフが行われ、興行的な成功をおさめていた。そこでセントラルリーグでも導入されることになり、クライマックスシリーズという名前になった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<552>  2009.8.20更新