クラシカルそうほう

クラシカル走法 【 ストレートスライディング走法 】

クラシカル走法とは、クロスカントリースキーの走法のひとつで、スケーティングが禁止されている走法。スケーティングとはスキーをスケートのように用いて左右にスライドさせることで前に進む方法。クラシカル走法では、スキー板が平行の状態を維持したまま、雪面に掘られた2本の溝に沿って滑走する。平地、上り坂、下り坂など滑走する場所によって、手足の動かし方が変わる。

クラシカル走法に対して、スケーティングが許されている走法をフリー走法という。フリー走法とクラシカル走法では用いる道具も異なっており、フリー走法の方がストックが長く、クラシカル走法のスキー板は先端の反りがより大きい。

クラシカル走法によるクロスカントリースキーの競技種目にはクラシカルテクニック、スプリント、前半はクラシカル走法、後半はフリー走法で滑走するダブルパシュートなどがある。

/
/
<748>  2010.1.15更新