クロスカントリー

クロスカントリーとは、自転車競技のマウンテンバイク競技の長距離種目。最大180名の選手が、自然の中に設定されたオフロードコース を、規定された周回数分同時に走行し着順を競う種目。マウンテンバイクに乗って行われる。競技距離は男子40〜50キロメートル、女子30〜40キロメー トル。厳密な競技距離は、最適完走所要時間と天候を考慮し てレース前日に決定される。コースには岩道、泥道、林間道、草地、シングルトラックなど様々なタイプの道が含まれ、起伏に富むため、ペース配分とテクニッ クが勝負を大きく左右する。さらに、通常コース幅が狭めであるため、選手間の追い抜きなどに経験による計画性が勝負の鍵を握る。1996年のアトランタ大 会から、夏季オ リンピック大会の正式種目となった。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<29>  2008.5.27更新