グレードせい

グレード制

グレード制とは、競馬で、重賞競走のレース格を示す制度。G1、G2、G3とあり、中でもG1は一番高い格とされている。競走馬の生産、種牡馬としての商業を第一に考える欧州の競馬界が、競走馬の価値を判断するにあたって指標となるものを作ることを意図しレースを格付けするグループ制が1971年に導入された。その後アメリカ、カナダで同じ制度がグレード制という名前で1973年に導入された。日本では1984年よりグレード制が導入された。日本ではG1をグレードワン、ジーワンと言うが、欧州ではグループワンと言われている。

グレードレース、グループレースは国際セリ標準委員会が承認して初めて設置でき、レースに付けられたグレードは国際的に互換性がある。これらは世界共通でG1、G2、G3と表記し、どの国でもレース格を一目で判断できる基準となっている。

日本の重賞競走で国際的なグレードレースとして互換性のあるレースはG1、G2、G3と表記されているが、国際的な承認がされていない重賞競走に関してはJpn1、Jpn2、Jpn3と表記されている。

/
/
<680>  2009.11.17更新