グローブ

グローブとは、 スキー滑走時において手の防寒及び保護を目的として着用する手袋。グローブの構造としては直接手に触れるインナー部分と、手を防護する目的でインナーを覆うアウター部分とで構成される。通常はインナーとアウターは縫い合わされて一体化されているが、メンテナンス性を考慮してインナーがアウターから取り外せるタイプのものもある。転倒や衝突など不慮の衝撃から手を守るためグローブ外側のアウターの素材には皮やナイロン、ポリエステルなどが使用され一般的な防寒手袋に比べて多少丈夫にできている。また、雪に触れて濡れるの防ぐためにアウターに撥水加工を施したものもある。

スキーの場合はストックを握って指による微細な操作を行うので、スノーボード用のグローブに比べると指の動かしやすさが求められる。一方スノーボード用のグローブはストックを使用せず、両手が雪面に触れる機会が多いため、指の動かしやすさよりは防護性、防寒性、耐水性が重要視されるので手のひら側にも補強が入ったものや、ミトンタイプ(親指をのぞく4本の指が1つの袋に収まるもの)のものが多い。

/
/
<240>  2008.7.22更新