コンビネーションスピン

コンビネーションスピンとは、フィギュアスケートで、1回のスピンで2つ以上の基本姿勢を取る技のこと。スピンの基本姿勢には、キャメルスピン、シットスピン、アップライトスピンの3種類がある。キャメルスピンは上半身とフリーレッグを水平にしてT字のように見せるもの、シットスピンは腰を落とす姿勢をとるもの、アップライトスピンは膝が伸びた状態のスピンでキャメルスピン以外のものとなっている。

スピン要素として認められるには軸をぶれさせずに3回転以上することが条件であるため、コンビネーションスピンでは6回転以上することになる。また、途中でスケーティングレッグを換えた場合は、足換えコンビネーションスピンと呼ばれる。

/
/
<795>  2010.2.18更新