コーポレートゲームズ

コーポレートゲームズCorporate Games

コーポレートゲームズとは、年齢や性別、職業、宗教を問わず誰でも参加できる国際スポーツフェスティバルのこと。世界中のすべての人々がスポーツを楽しめるようにと発案され、1988年に第1回ワールドコーポレートゲームズが米国のサンフランシスコで開催された。以降は全世界や欧州、各国、州など、規模を越えて、世界30カ国60都市で大会が行われている。

オリンピックやワールドカップのようにトップアスリートが競い合うスポーツ大会とは異なり、どのような団体、個人も自由に参加できるイベントとなる。競技種目は大会によって異なるものの、男女混合でチームを組める種目や、障害のある人と一緒に参加できる種目などが用意されている。また、競技以外にも開催パレードや交流パーティーなどが開かれ、参加者同士で交流を深められることも特長のひとつ。社員同士のコミュニケーションを促進するために参加する企業や、地域活性化のために大会を誘致する自治体もある。

2014年9月、東京湾岸エリアにて「ザ・コーポレートゲームズ東京2014」が国内で初めて開催され、6,000人を越える参加者が集まった。2015年3月には「沖縄コーポレートゲームズ2015」が実施されたほか、同年11月には第2回となる「ザ・コーポレートゲームズ東京2015」の開催が予定されている。

/
/
<1725>  2015.6.23更新