ゴールキック

ゴールキックとは、サッカーにおいてプレーを再開する方法のひとつであり、守備側のチームがゴールエリア内からキックを行うこと。攻撃側の選手が最後に触れたボールが、ゴールラインを完全に越えた時で、得点ではない場合に行われる。ゴールキックは、ゴールエリア内であればどこからでもキックを行うことができ、また必ずしもゴールキーパーがキックしなくても良い。ゴールキックから直接得点することは認められている。ボールがゴールラインを越えた時には、副審コーナーキックであるかゴールキックであるかをフラッグを用いて示す。だが、最終的に判断するのは主審である。

ゴールキックが行われる際、相手チームの選手はペナルティーエリアの外にいるよう定められている。これに反した場合には、キックが再び行われる。ゴールキックを行ったキッカーは、他の選手がボールに触れるまで再びボールに触れてはならない。もし、再びボール触れた場合は相手チームに間接フリーキックが与えられる。ただし、手で触れた場合には直接フリーキックとなる。ゴールキックはペナルティーエリアの外にボールが蹴り出されてインプレーとなるため、ボールがペナルティーエリアを出なかった時や味方のゴールに入った時は、再びキックが行われる。

/
/
<348>  2008.11.26更新