ゴールキーパー

ゴールキーパーとは、サッカーにおけるポジションのひとつ。そのポジションを担う選手のことを指す場合もある。試合を行う各チームのうち1人がゴールキーパーとして出場し、自陣のペナルティーエリアの中でボールを手で扱うことができる。しかし、味方の選手からパスされたボールや味方選手からスローインされたボールに手で触れることは禁止されている。また、ボールを手で6秒以上コントロールすることも禁止されていて、これらの反則を行った場合は、相手チームに間接フリーキックが与えられる。自陣のペナルティーエリア以外の場所でボールに手を触れた場合は、他の選手のハンドの反則と同様に相手チームに直接フリーキックが与えられる。

ゴールキーパーは、他の全ての選手や主審副審と区別のつくユニフォームを着用するよう定められている。試合中、ゴールキーパーが負傷した場合は、プレーが停止されフィールド内でゴールキーパーの治療が行われる。試合の再開は治療が終わってから行われる。また、ゴールキーパーが負傷あるいは反則により退場した時に、交代要員の中にゴールキーパーがいない場合や交代枠を使い切ってしまっている場合には、主審に通知することでゴールキーパー以外の選手がゴールキーパーとしてプレーすることができる。

/
/
<360>  2008.12.1更新