ゴールラインテクノロジー

ゴールラインテクノロジーとは、サッカーで、ボールがゴールラインを越えたかどうかを科学的に判定するテクノロジーのこと。アディダス社とカイロス社がFIFAとの協力体制のもとで、ゴールラインテクノロジーの開発に従事している。

ゴールラインテクノロジーはアディダスインテリジェントボールとの組み合わせにより機能している。磁場を利用してフィールド上のインテリジェントボールを追跡して、メインコンピューターに瞬時に情報を提供、さらにそこから審判に送信され、審判の判定を助ける。

ゴールラインテクノロジーはすでに多くの試合でテストされ、国際試合での使用についてFIFAの承認を受けているが、2010年時点ではFIFAワールドカップには利用されていない。

2010FIFAワールドカップ南アフリカ大会の決勝トーナメント、ドイツ対イングランドの試合で、イングランドのシュートがドイツのゴールラインを割ったにもかかわらずノーゴールの判定を受けたため、試合後イングランドはゴールラインテクノロジーの導入を求めた。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<958>  2010.6.30更新