サンドウェッジ

サンドウェッジとは、バンカーショットやアプローチショットに用いられるクラブのこと。シャフトは短く、ロフトは一般的に56度から58度で、アプローチウェッジロブウェッジの中間にあたる。ソールの膨らみを表すバウンスは10度から14度で、クラブの中で最も大きく、ボールの下でバウンスを滑らせることによりバンカーからの脱出を容易にする。

もともと、サンドアイアンと呼ばれるバンカー専用のクラブは存在したが、現在のサンドウェッジの基本形は、1930年頃にアメリカ合衆国のプロゴルファー、ジーンサラゼンが、苦手であったバンカーショット克服のために発明したと言われている。

従来はバンカー専用のクラブであったが、ロフトが多くボールを上げやすいため、ピッチショットロブショットにも用いられるようになった。さらに、ゴルファーによっては60ヤード以内を狙うアプローチショットにも用いるなど、用途が広いクラブと言える。

/
/
<1559>  2013.3.28更新