シンクロナイズドスイミング

シンクロナイズドスイミングとは、水泳競技の一競技。女子のみ。2名1組で演技を行うデュエット種目と、4名から8名の選手で1チームとなり演技を行うチーム種目がある。音楽に合わせて演 技を行い、その技術の正確性、同調性、美しさなどを競うルーティーン競技。両種目共に2回演技を行う。1回目は規定の技を演技するテクニカルルーティーン 競技で、演技技術 の完成度が主に評価される。2回目は選手による任意の演技を行うフリールーティーン競技で、その美しさや独創性が主に評価される。複数の審判員が各回の演 技に対してそれぞれ50点満点で採点を行い、2つを合計した得点がより高い選手が優勝となる。夏季オリンピックの正式種目となったのは2000年の第27 回シドニー大会から。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<44>  2008.5.27更新