ジェフユナイテッドいちはらちば

ジェフユナイテッド市原千葉

ジェフユナイテッド市原千葉とは、 Jリーグに加盟するクラブのひとつであり、千葉県千葉市と市原市に本拠地を置いている。ホームスタジアムは千葉市にあるフクダ電子アリーナ。運営会社は株式会社東日本ジェイアール古河サッカークラブ。クラブ名の「ジェフ(JEF)」は親会社であるJR東日本(JrEast)、古河(Furukawa)の頭文字に由来する。「ユナイテッド(United)」は団結などの意味の英語であり、協調や連帯感を表している。

クラブの前身は、1946年に創部された「古河電気工業サッカー部」。実業団チームとして頭角を現し、1965年に創設された日本サッカーリーグ(JSL)には初年度より参加した。JSLで2度の優勝を飾るとともに、1986年には現在のACLにあたるアジアクラブ選手権を制覇した。1991年のJリーグ発足にあたって、リーグに参加するために古河とJR東日本が連携し、合弁の運営会社が設立された。チーム名は「東日本JR古河サッカークラブ」となり、「ジェフユナイテッド」が愛称に決定した。本拠地は紆余曲折を経て1992年に市原市に決まった。

1993年から開幕したJリーグでは次第に成績が低迷していき、1998年には翌1999年からのJリーグ2部制にあたり、J1参入戦を戦うこととなった。辛くもトップリーグのJ1にとどまるものの、その後も残留争いを連続で経験することとなった。2003年にイビチャオシムが監督に就任するとクラブは躍進。リーグ戦でも好成績を収めるとともに、2005年にはナビスコカップで優勝し、初のタイトルを獲得した。なお、クラブ名は1996年に「ジェフユナイテッド市原」となり、その後、本拠地の広域化に伴って2005年よりクラブ名が「ジェフユナイテッド市原千葉」、呼称が「ジェフユナイテッド千葉」に変更された。この結果、現在では「ジェフ千葉」という略称が主に使われている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<442>  2009.2.5更新