ジャイアントキリングGiant Killing

ジャイアントキリングとは、スポーツにおいて、格下の選手やチームが圧倒的に格上と思われていた選手やチームに勝つこと。番狂わせのこと。「Giant Killing」とは、英語で弱者が強者を倒すという意味であり、「大物食い」とも訳される。スポーツの試合では、時々驚くような番狂わせが起こり、そのことを「ジャイアントキリング」と表現することがある。

ジャイアントキリングは、とりわけサッカーでよく用いられる。国内のサッカーでは、天皇杯がプロとアマチュアの両方のチームが参加する大会であり、大学生や地域リーグなどのアマチュアチームがJリーグに所属するチームを破るジャイアントキリングが起こる可能性がある。

海外サッカーでも、カップ戦はジャイアントキリングの場となっていて、例えばイングランドでは、FAカップがプロ、アマチュアを問わず参加できる大会であり、時としてジャイアントキリングが生まれる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1341>  2011.10.11更新