スケルトン

スケルトンとは、ボブスレー競技の一種目。1名の選手が、頭を進行方向に向けうつ伏せの姿勢で規定のそり(スケルトン)に乗って規定の氷上コースを滑走し、ゴールまでの所要時間の短さを競う個人競技。男子種目・女子種目ともにあり。競技距離約1300m。スケルトンは、操縦・制動装置なしで、滑走部(ランナー)と車台(シャーシー)だけからなる単純な構造の鋼鉄製そり。選手は全身の各部でそりに力を加え操縦する。試合は2日間にわたり、1日2回ずつ、計4回行い、4回の合計タイムが速い順番が順位となる。タイムは1/100秒単位で計測される。タイムへの過度の影響を防止するため、滑走部(ランナー)の温度(基準ランナー温度よりも最大4度まで)、そりの重量(選手を含めて、男子115kg、女子92kg)が設定されている。本種目が冬季オリンピック大会の正式種目となったのは2002年第19回大会以後。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<198>  2008.7.17更新