ストライドそうほう

ストライド走法

ストライド走法とは、陸上競技において、大きな歩幅で走る走法のこと。全身のバネを使って走る方法であり、飛び跳ねるように見える。身体、とりわけ筋肉への負担が大きいとされ、日本では負担の小さいピッチ走法が主流となっている。歩幅を広くして走るためにスピードが上がりやすく、短距離走に適していると考えられている。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1439>  2012.5.12更新