ストロークプレー

ストロークプレーとは、18ホール回り合計の打数によって順位を決める競技方法のひとつ。実際に打ったスコア数(グロススコア)からハンディキャップをぬいた数(ネットスコア)を用いて順位が決められ、スコアが少ないほど順位は高くなる。なおグロススコアには空振りした場合やパット数、罰打もすべて含まれる。ストロークプレーの形式には、各競技者が個々にプレーする「個人競技」、2人がパートナーとして一つのボールをプレーする「フォアサム」、2人がパートナーとして各々のボールをプレーする「フォアボール」などがある。

/
/
<95>  2008.5.27更新