スリップストリーム

スリップストリームとは、F1などのモータースポーツで前を走るクルマの直後につけること。直後につくことで空気抵抗を減らすことができる上に、前のクルマが高速で移動することで真後ろの気圧が低くなり、後ろのクルマは吸い寄せられるような状態になる。この状態から、ストレートの終わりでのオーバーテイクへとつなげることができる。

反面、長時間スリップストリームの状態になっていると、空気の取り込み量が減り、エンジン冷却などに支障が出る。また、前のクルマが乱した空気を受けるため、十分なダウンフォースが得られなくなる。さらに、スリップストリームから出た直後は急激な気圧や空気抵抗の変化があるため、不安定な状態になる。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<586>  2009.9.17更新