スルーパス

スルーパスとは、サッカーにおけるパスのひとつで、相手のディフェンスラインの間を通って、味方に繋ぐパスのことを指す。相手ディフェンダーの最終ラインを貫き、スペースへ走りこんだ味方へパスを繋ぐことで、ゴールチャンスを作り出すことがスルーパスの最大の目的となっている。

パスの受け手との連携は必要不可欠であり、相手ディフェンダーの間を縫うようにしてピンポイントで送り出すキック精度、観察力や発想力などが大きく求められるプレーである。

スルーパスの能力に特化し、再三チームにチャンスを与えることができる選手は、中盤の要や司令塔と呼ばれることが多い。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<930>  2010.6.17更新