セブンズシニアアカデミー

セブンズシニアアカデミー

セブンズシニアアカデミーとは、7人制ラグビーの日本代表である、男子セブンズおよび女子セブンズを強化するために実施される合宿のこと。財団法人日本ラグビーフットボール協会が2012年より開催しており、1カ月にほぼ1回のペースで実施されている。

2016年に開催されるリオデジャネイロ五輪で7人制ラグビーが正式種目となったことを受け、同大会での活躍が期待される選手の発掘や、メダル獲得に向けた継続的な育成と強化、日本代表全体の底上げを図るのが狙い。合宿には、日本代表選手や代表候補選手のほか、ユース世代の育成選手なども招集され、合宿期間や招集人数は一定ではなく毎回異なる。

合宿では、トレーニングやウェイトトレーニング、練習試合などが行われる。なお、セブンズシニアアカデミーに先駆けて2009年からは、ユースおよびジュニア世代の7人制ラグビー選手の発掘と育成、強化を行うための「セブンズアカデミー」が開催されている。

/
/
<1669>  2014.11.11更新