セレッソおおさか

セレッソ大阪 【 C大阪 】

セレッソ大阪とは、 Jリーグに加盟するクラブのひとつであり、大阪府大阪市に本拠地を置いている。ホームスタジアムは大阪長居スタジアム。運営会社は大阪サッカークラブ株式会社である。クラブ名の「セレッソ」はスペイン語で「桜」を意味する。桜は大阪市の市花であるとともに、日本を代表する花であるため、日本を代表するクラブに成長するようにとの願いが込められている。

クラブの前身となったのは、1957年に創部された「ヤンマーディーゼルサッカー部」。1965年に日本サッカーリーグ(JSL)が発足すると、初年度より参加した。日本代表がメキシコ五輪で銅メダルを獲得した1968年、日本代表の中心選手でもあった釜本邦茂の活躍もあり、JSLで準優勝、さらに天皇杯では優勝を飾った。その後は、JSLを代表する強豪クラブへと成長し、1974年にはJSLと天皇杯の二冠を制覇した。しかし、1980年代半ばより成績が低下し始め、1990年にJSL2部へと降格。そのままJSLの閉幕を迎えた。

1992年より、ジャパンフットボールリーグ(JFL)1部に参加した。同年にプロ化推進室を設置し、翌1993年には運営会社を設立。また、クラブ名を「セレッソ大阪」に改め、Jリーグ準会員として承認された。1994年、JFLで優勝を飾り、翌1995年からのJリーグ昇格が認められた。Jリーグ参加以降は、優勝争いに加わり上位に入賞する年もあれば、下位に低迷する年もあるなど成績が安定しない。Jリーグが2部制に移行してからは2001年、2006年とすでに2度の降格を経験している。また、Jリーグ参加以後は、カップ戦も含めタイトルをまだ獲得していない。チームカラーはピンク。

/
/
<481>  2009.4.11更新