チャレンジ

チャレンジ 【 チャレンジ権 】

チャレンジとは、メジャーリーグベースボール(MLB)の試合において、監督がビデオ判定を要求すること。両チームの監督は、1試合で最大2回のビデオ判定を要求できる。

ホームランの判定や、フェアまたはファウルの判定、走塁のセーフまたはアウトの判定など、ストライクとボールの判定以外の様々なプレーに関してビデオを使って審議することを要求できる。1試合で1回の審議を要求でき、判定が覆った場合には、その試合でもう1回の審議を要求することが可能。

審議を要求しても判定が覆らなかった場合には、次のチャレンジ権がなくなるため、判定が覆る可能性や、権利を行使するタイミングも重要となる。MLBでは、2008年シーズン途中よりホームランに関してビデオ判定が導入され、2014年シーズンから適用範囲を拡大してチャレンジが導入された。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1617>  2014.4.9更新