ツーピースボール

ツーピースボールとは、2種類の材料でできていて2層構造になっているゴルフボールのこと。高い反発性を持った芯と、耐久性に優れたサーリンという樹脂でできたカバーで構成されている。傷がつきにくく長持ちする、飛距離がでるなどのメリットがあるが、デメリットとしては、止まりにくいのでアプローチが難しい、スピンがあまりかからずコントロール性に欠けるなどがあげられる。なお、3層構造のボールはスリーピースボールとよばれる。

/
/
<144>  2008.5.27更新