トランポリンこじん

トランポリン個人

トランポリン個人とは、体操・トランポリン競技の一種目。男子種目・女子種目共にあり。1名の選手が、金属製のスプリングとマットから成るトランポリン上で跳躍演技を連続して行 い、その演技技術の完成度、美しさ及び芸術性を競う。予選試合では、コンパルソリールーティーンとフリールーティーンの2回の演技を行い、決勝試合では後 者のみを行う 。前者では規定の技を規定の順序で連続跳躍を行うのに対し、後者では10種の技を任意の順序で行うことができる。各ルーティーンに競技時間の制限は無い。 採点は、5名の審判員が、選手の行った各技の完成度・芸術度と、その技自体の難易度の両者を考慮し、各ルーティーン10点満点の減点方式で行う。合計得点 数がより高い選 手が優勝となる。本種目は、出場選手枠が男子女子各16名と、他競技他種目に比べ極端に少ない。夏季オリンピック大会の正式種目となったのは、男子・女子 種目共に2000年の第27回シドニー大会から。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<52>  2008.5.27更新