ネットインサーブ

ネットインサーブとは、バレーボールのルールのひとつで、サーブで打たれたボールが、ネットに当たって相手コートに入ることを言う。1999年のルール改正によりネットインサーブが認められたが、改正以前は、サーブのボールがネットに当たった場合、フォールトでそのサーブは失敗と扱われていた。

ネットインサーブが認められたことで、ネットに当たるリスクを恐れずにサーブが打てるようになり、スパイクサーブなどの強烈なサーブを試合で見られるようになった。

/
/
<665>  2009.11.10更新