バンカーレーキ

バンカーレーキとは、 ゴルフ競技において、バンカーの砂をならすために用いる道具のこと。単にレーキとも言う。バンカーレーキには、通常の砂ならしと同じように大型の熊手の形をしている手動のものと、車輪付きの電動のものとがある。手動のものはアルミニウム製が多く、その取っ手の長さは約1〜1.5mほどである。バンカーショットの後は、バンカーレーキで自分の足跡やピッチマークをならしていくのがマナーとされており、基本的に、プレーヤーは競技の間、バンカーレーキを携帯することが推奨されている。

ちなみに、ゴルフボールがたとえ置いてあるバンカーレーキのそば近くに落下してしまっても、レーキはルール上動かせる障害物とされているので、ペナルティなしで動かすことができる。

/
/
<449>  2009.2.6更新