パッシングザセンターライン

パッシングザセンターラインとは、選手の足の裏や手のひらが、センターラインを越えて完全に相手コートに入ってしまう反則のこと。少しでもセンターラインに触れていれば反則にはならない。また足と手以外の体の部分の場合は少しでも相手コートに入ると、この反則になる。しかし、空中で、相手側の選手にもボールにも触れていない場合は、反則にならない。

相手チームのエリアに侵入してしまった場合の反則「ペネトレーションフォールト」のひとつであり、選手がネットを越えて相手コート内に手を入れる反則「オーバーネット」もペネトレーションフォールとのひとつである。

/
/
<69>  2008.5.27更新