パワープレー

パワープレーとは、サッカーでのパワープレーとは、攻撃にかける人数を増やして、点を取りにいくプレーのこと。負けている方のチームが終盤どうしても点が欲しい場面で、たたみかけるようにパワープレーがなされることがある。

ゴール前に多くの人数を配置して、中盤などからロングパスを入れ、総力で点を取りにいく。その際、合わせる相手を決めて精度の高いパスを出すのではなく、ゴール前に多くいる味方のいずれかに渡ればいいという考え方でパスを出す。ゴールにつながる可能性がある半面、前線に多くの選手を割いているため、カウンター攻撃に弱くなる。

なおパワープレーはもともとアイスホッケーで用いられていることば。

/
/
<923>  2010.6.15更新