ビッグスリー

ビッグスリーとは、ビッグスリーとは、あるチームにおける3人の中心選手のこと。NBAなどの強豪チームにおいて、チームの好成績を牽引する3人の中心選手のことをしばしば「ビッグスリー」と呼ぶ。

ビッグスリーの「ビッグ」は身長が高いという意味ではなく、NBAでは平均的ともいえる身長190cm代の選手や、それ以下の選手でも、ビッグスリーの一員に数えられることがある。また、ビッグスリーの選手のポジションも様々で、オフェンスのパワーフォワード(PF)やスモールフォワード(SF)だけでなく、ディフェンシブなポイントガード(PG)、シューティングガード(SG)の選手もビッグスリーの一員となり得る。

ビッグスリーと呼ばれる選手が出てくるチームは、優勝争いの常連となることが多い。マジック・ジョンソンが活躍していた時期のロサンゼルス・レイカーズでは、ジョンソンにカリーム・アブドゥル=ジャバーとジェームス・ウォージーを加えた3人がビッグスリーと呼ばれた。3人の背番号はいずれも永久欠番になっており、伝説的なビッグスリーのひとつである。

/
/
<1262>  2011.5.27更新