ビンディングペダル

ビンディングペダルとは、自転車のペダル部分に専用のビンディングペダルを装着し、専用のビンディングシューズにより足の裏をペダルに固定する。一般のペダルではペダルを踏み込むときだけ駆動力が直接回転力に変換され、引き足の時は足が固定されていないため駆動力が分散されてしまう。ビンディングペダルでは常に足の裏が固定されているためペダリングが効率よくなり、とくに登り坂においてその効果は顕著であり、普通のペダルに比べてペダリングが楽になる。自転車に乗るときは進行方向に平行方向にカチッという音がしてロッキングするまで足をまっすぐ踏み込む(ステップイン)ことでシューズとペダルが固定すされる。自転車を降りるときはかかとを外側にひねることでペダルからシューズが離れて解放される(ステップアウト)。

ビンディングペダルはペダリングを快適にするものであるが、普通のペダルとは感覚が多少異なるため、初心者は慣れるまでに多少時間がかかる。

/
/
<231>  2008.7.22更新