フィールド 【 ピッチ 】

フィールドとは、サッカーにおいて試合の行われるエリアのこと。ピッチとも言われる。競技規則では、エリアはラインでマーキングし、長方形であるように定められている。長い方の2本のラインをタッチライン、短い方の2本のラインをゴールラインと呼ぶ。フィールドの大きさは、タッチラインの長さが90〜120m、ゴールラインの長さが45〜90mと規定されている。

また、国際試合の場合は、タッチラインが100〜110m、ゴールラインが64〜75mと定められている。国際サッカー連盟(FIFA)は主要な大会でのフィールドの大きさを105m×68mと定めていて、日本においても国際試合や全国規模の大会、Jリーグで使用するフィールドは同様に105m×68mであるように定められている。

フィールドにはタッチライン、ゴールラインのほかに、2本のタッチラインの中点を結んだハーフウェイラインが描かれ、フィールドを二分する。ハーフウェイラインの中央にはセンターマークがしるされ、それを中心に半径9.15mのサークルが描かれる。ちなみに、タッチラインやゴールラインはエリアの一部であるとされている。

/
/
<372>  2008.12.3更新