フェアウェイウッドFW Fairway Wood

フェアウェイウッドとは、ゴルフクラブのひとつの種類であり、ドライバー以外のウッドの総称である。3番ウッド(スプーン)、4番ウッド(バッフィ)、5番ウッド(クリーク)、7番ウッドなどがある。数字が小さいほど飛距離が出やすく、数字が大きいほどボールが上がりやすくなる。名前の通り、主にフェアウェイ以降のショットで用いる。

フェアウェイウッドはシャフトが長めであるため、コース上で飛距離を出しやすい。ボールが上がりやすくミスショットをしにくいため、1990年代からはロングアイアンに代わるクラブとしても人気が高い。近年では、9番ウッド、11番ウッドなどのショートウッドも見られるようになっている。

/
/
<350>  2008.11.27更新