フリーエージェントFA Free Agent

フリーエージェントとは、フリーエージェントとは、日本のプロ野球において、選手が自由に移籍先のチームを選ぶことができる権利のこと。プロ野球選手が全員フリーエージェント権を持っているわけではなく、定められた条件をクリアした選手にのみフリーエージェント権は与えられる。2010年現在の日本プロ野球では、国内移籍の場合のフリーエージェント権と、海外移籍の場合のフリーエージェント権の2つに分けられており、国内移籍の場合は、1軍登録日数145日を1年と換算した場合の累計8年、または累計7年、海外移籍の場合は累計9年経過で取得できる。国内移籍の場合に、累計年数に二通りあるのは、2006年までに入団した選手及び2007年以降にドラフト入団した高校生選手が累計8年と定められ、2007年以降にドラフト入団した大学生選手・社会人選手は累計7年とされているからである。1軍登録日数については、ワンシーズンに145日以上1軍登録されていても、145日以上は加算されないことになっている。

フリーエージェント権を行使した場合、移籍初年度の球団における年棒は最高で現状維持となっており、年俸の増額は認められない。また、フリーエージェントを行使した選手を獲得したチームは、前球団に対し選手の旧年俸と人的補償をしなければならない。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<1107>  2010.10.5更新