フリーキック

フリーキックとは、サッカーにおいて、フィールドに置き静止したボールを自由に蹴ること。ファールや不正行為などがあった場合に、それが行われた場所で相手チームにフリーキックが与えられる。フリーキックには、相手選手へのチャージやタックルを主審が反則と判断したした場合などに相手チームに与えられる直接フリーキックと、キーパーが味方選手からパスされたボールを手で扱ったり、オフサイドの反則があった場合などに相手チームに与えられる間接フリーキックがある。ペナルティーエリア内で相手チームに与えられる直接フリーキックがペナルティーキックである。また、ゴールキックコーナーキックはフリーキックには含まれない。

直接フリーキック、間接フリーキックともに、キッカーが蹴る時にはボールは静止していなければならない。また、キッカーは蹴った後、他の選手がボールに触れるまで再び触れてはいけない。フリーキックが行われる際、キッカーがボールを蹴ってインプレーになるまで、相手選手はボールから9.15m以上離れていなければならない。

/
/
<380>  2008.12.5更新