フリースケーティング 【 ロングプログラム 】

フリースケーティングとは、フィギュアスケートで実施される部門のひとつ。フィギュアスケートではショートプログラムとフリースケーティングの2部門で構成されており、それぞれの部門で出した点数を合計した総合得点で順位を争うことになる。男子シングル、女子シングル、ペアにそれぞれフリースケーティングがある。

フリースケーティングでは、規定の競技時間内に、13の要素を演技の中に組み込む。男子シングルとペアの規定競技時間は4分20秒〜40秒、女子の規定競技時間は3分50秒〜4分10秒となっており、この時間をから過不足があった場合は減点の対象となる。

ウェルバランスプログラムという制度が導入されており、演技に組み込む要素はある程度規定されている。ジャンプ要素、スピン要素、ステップシークエンススパイラルシークエンスといった要素をバランスよく入れることが決められており、それぞれの要素の数も定められている。決められた範囲の中で実際にどの要素を行うかは、選手側が任意で決めることができる。

/
/
<728>  2009.12.23更新