フルーレ

フルーレとは、フェンシング競技の一種目。1回の試合で1名ずつ計2名の選手がフルーレを用いて対戦を行い、規定の有効面を突くことで得点を獲得し、その得点の多寡で勝 敗を競う。競技時間は4分間、5ピリオドからなり、競技は14m×1.5mの試合場(ピスト)で行われる。個人男子、個人女子、団体女子の3種目がある。 団体は各チーム3名からな る。フルーレは他のものに比べて軽量の直線型の剣で、フェンシングの基本テクニックとみなされることが多い。エペと同様攻撃権があり、突きの動作のみが認 められるが、有効面は頭、両手両足を除く胴体部分、という点で特徴的。突きの有効無効の判定及び得点のカウントは電気審判器で行う。選手は金属繊維ででき たジャケッ トを着用、電線が剣先に仕様されたフルーレを用い、剣先からジャケットの有効面に一定の電気刺激が認められた場合有効となる。試合は完全勝ち抜き制。

    <$Rel2>
    <$Rel3>
/
/
<160>  2008.6.4更新