フローターサーブ

フローターサーブとは、ジャンプをせず、顔の前でスパイクを打つように、ボールを叩いて押し出すサーブのこと。バレーボールにおいて最も一般的であり、初心者にも打ちやすいサーブである。

コートの正面に向かい、片足を前に出して、顔の前辺りで手首や手の中心を使って、ボールを叩き出すように打つ。他のサーブよりも比較的力を必要としないうえに、コントロールしやすいため、ボールにカーブをつけるときに有効的である。しかし、ボール自体に回転がかからず、急速に落ちることがあるため注意が必要となる。

/
/
<1516>  2012.10.11更新