ブーツ

ブーツとは、 足をスキー板に固定するためのスキー専用の靴。スキーブーツをスキー板に取り付けられているビンディングにはめ込むことで足をスキー板に固定する。アルペンスキーでは足裏全体がビンディングに固定されるが、ノルディックスキーでは足裏の前側だけ固定されかかとが浮くようになっている。スキーブーツは足を包むインナーブーツとインナーブーツを挿入し、ビンディングに装着するシェル部分で構成される。通常シェルはしっかり固定するために固いプラスチック素材が使われる。

足をスキーブーツに固定するためにスキーブーツには通常バックルと呼ばれる止め金具が足の甲部に2箇所、すね部に2箇所取り付けられている。このタイプのブーツを「フロントエントリー」と呼ぶが初心者が履くには難しいため、甲部のバックルを廃し、ふくらはぎあたりに設けられたベルトで固定する「リヤエントリー」と呼ばれるタイプも用意されている。

スキーブーツは正確で快適なスキー滑走をする上で重要な要素となっている。足の形やスキーのスタイルによって様々なメーカーからラインナップされているさまざまなスキーブーツから自分に最適なものを選択する必要がある。より正確で快適なスキー滑走をするためにインナーブーツを自分の足型にあわせて型をとる「フォーミング」と呼ばれる技術を使って自分オリジナルのブーツを作ることもできるものもある。

/
/
<236>  2008.7.22更新